ドラムネタ2

なかなか更新がスピーディーにいきません。

というわけで今回も多分役に立つドラムネタを紹介します。
今回はドラミングで最も実力が出る所、ロール、要は連打について私なりに解説したいと思います。

ロールは速くなればなるほど難しくBPM200オーバーの16分などは気合いとか根性とかという話ではクリアできないスピードです。そしてがむしゃらに練習すればできるという問題でもなくちょっとしたコツが重要ですので、私なりですが最短かつ確実性がある方法を紹介します。もしこの辺に悩んでいる方がいらっしゃいましたら参考にして頂けたら幸いです。

というわけで今回用意するものコレ!
f0149814_19252156.jpg


KMKの練習用スティックです。(画像右は対比用私がいつも使っているPearl110H)
このスティック太さ19ミリ、重さ100グラム、一般的な標準スティックの倍の重さです。

このスティックでまず右利きだったら左手、利き手と反対の手でスティックを一本持ち人さし指第二関節と親指でスティックを持ちます。そして練習パッド、もしくは跳ね返りのあるものを他の指を使わずに BPM120くらいの4分をゆっくり打ちます。そうするとスティックがかなりあらぬ方向にバウンスしたんではないでしょうか?できれば鏡の前で確認しつつ、スティックがまっすぐ垂直にバウンスするまでやってみてください。その際、腕、手首は全く使わず人差し指親指のみでスティックを落とすようにバウンスさせてください。重いスティックのおかげでスティックが下に落ちる感覚が通常のものより強く、2、3分もやればバウンスを指でキャッチしバウンスに連動して指を動かす感覚が理解できたと思います。

そして、この後やるべきトレーニングもあるんですが、最短ということでだいぶカットしまして、次はメトロノームとタイマーを用意し、練習用スティックでBPM180位の16分を1分間ひたすら連打してください。どうでしょうか?30秒くらいでテンポについていけずヨレヨレになったり、左手がついてこなくてタッタタタッタタとフラムみたいになったり、腕が痛くなったりしてませんでしょうか。もしそうなるようでしたら左手のスティックがコントロールされてなく、かつ力が入りすぎています。そして必ず1分休憩した後、同じテンポ、もしくは少しだけテンポを落としまた1分間やってみてください。その際、腕が痛くなってきたところで腕の痛くなった場所を意識しその場所の力を抜くように意識しながら連打してください。そうすると連打のキープタイムが前回よりも少し伸びたと思います。これを3セット程やった後、通常のステッィクに持ち替えて同じようにやってみてください。どうでしょうか?もうスティックが箸か串かくらいの軽さでコントロールできると思います。かつヨレヨレにならず連打をキープできると思います。そしてこれを一日づつテンポ10位あげてやっていけば、3,4日でBPM200オーバーの16分がかなり安定して叩けるようになると思います。
そしてやっていくうちに練習用スティックでも、通常のスティックでも同じように連打できるようになります。

要はこのトレーニングはバウンスするスティックのコントロールすることにあります。ドラムを叩くと大なり小なりスティックがバウンスします。それをどうコントロールするかがキモなんですが、、まず指でコントロールできるようになることが重要だと私は思います。そしてロールは一番そのスティックを指でコントロールするテクニックが最も問われるところなので、このトレーニング方法はかなり力技ですが効果は絶大だと私は思います。
また、速く動かすキープ力が上がると遅いテンポでの安定力も飛躍的に上昇します。
そしてこのトレーニングで前回のギググリップをつけてやるとより効果的です。

私はこのトレーニングをBPM200位からBPM10づつ上げながら各5セット位を毎日やっています。

ちなみに壊れかけのテープレコーダーズの曲に「聖者の行進」という曲がありますがこの中間部分にBPM135~140位での6連のロールを4小節プレイするところがありますが、このロールは16分換算でBPM220オーバーの難所なのでこのトレーニングをやらないとできませんでした。THE Randolfでもこの位のロールは度々登場します。

というわけで今回このへんで。
[PR]
by r0402 | 2013-12-04 21:10
再開とドラムネタ >>